本文へスキップ

 引きこもりは、きちんとした手順を踏めば、家庭内で解決できます。

なぜ、お子さんのひきこもりが解決出来ずにますます悪くなっていったのかを説明しましょう。
ひきこもりじt

相談せずに自宅でひきこもりを根本解決に導く、ホームスタディキット

子供の頃に始まった未解決のひきこもり、
そのままにしていませんか?

ひきこもりは
本人の成長に合わせて症状が変わります。

本人が大人になった今なら、精神的な成長がみられ、解決出来る可能性が高くなっています。

ご注意!最近では、自立支援スクールのようなものがありますが、ここに入れて効果があるのは「社会的ひきこもり」だけです。
(社会的ひきこもりを自立支援スクールに入れれば、環境が変わりますので変化がでますが、本人が
家に戻ったのちに、また元に戻る事も視野に入れておかなければなりません。一時的な効果しかない場合があります。)

注意して欲しいのは、
その他の引きこもりを、無理にスクールに入れようとすれば、「親からの押しつけ」「厄介払い」に受け取られ、さらに状況が悪くなります家庭内暴力の原因になります。
家庭内での解決をお勧めします。




ひきこもりは、「不登校」から始まり、次に「社会的ひきこもり」になります。

その後、
時間の経過とともに、3つのパターンに変わります。

1、社会的ひきこもりの症状が固定してしまう。
(自虐的で、ビクビク、オドオド、暗く、苦しい感じ)

2、開き直ったかのように、ゲームやネットをしながら  のほほ〜んと暮らす。外出したいときに外出する。

3、時に親に反抗的な態度を取りながら、働こうとせず   いつも家にいる。外出したいときだけ外出する。

大体このパターンです。
みなさんの現状は、この中のどれかでしょう。

そして、どう対処していいのか分からずに、悶々としていると思いますが、

それぞれのパターンに適した解決方法があります。
本人が精神的に成長した今が、解決できるチャンスです

解決のためには、まず自身のケースが、どれにあたるのかを確かめて下さい。



1、自分を否定する「社会的ひきこもり」
2、復調しているにもかかわらず、
  引きこもりを続ける「ニート的ひきこもりA」
3、自分の主張を認めてくれるまで引きこもりを続ける  「ニート的ひきこもりB」
4、ただ働く気がなく、甘えている「ニート」
5、ニートや、ひきこもりと間違えられやすい
 「発達障害」



まず、本人の引きこもりが
「社会的ひきこもり」
か、「ニート的ひきこもりA」
「ニート的ひきこもりB」「ニート」「発達障害」
かを

ここをクリックして、確かめて下さい。



  *それぞれのひきこもり解決法


手に負えないと思われていた、ひきこもりの解決は、今なら、それぞれのグループごとに効果的な解決方法があります

この解決方法は、
みなさんが今まで教わっていたものとは違いますし、皆さんが自ら行う方が効果があります。

その為、みなさんが、これらの問題の解決を家庭内で出来るように、原因の特定や、解決のための専門知識をまとめた教材を制作し、2時間程度で学べるキットの形にまとめました。

これは、認定ひきこもり支援相談士による「家庭内での、ひきこもり解決の為の専門的なテキスト」です。

このHPでは、これをご紹介しています。


私は、
このキットを無理やり押しつける事はありません。

ですが、まず
自分で勉強して、解決してみる方がいいと思います。

みなさんが、これからの説明を読みながら、内容に共感されるのであれば、間違いなく効果があると言えます。

そして
解決の手順を理解すれば、解決は難しくありません。

但し、解決するためには一つ条件があります。

それは、「社会的ひきこもり」について、十分な知識と理解がある事です。


その理由は、どのひきこもりも「社会的ひきこもり」を経由しているからです。

その為に、このホームページでは、まず、「社会的ひきこもり」について、説明します。

皆さんが、この内容について、共感、理解出来る様であれば、先に進んで下さい。


HP後半では、あなたの抱えているケースの解決方法を
この「キット」を使って、どう見つけて行けるのかを
説明していきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次ページより、
1、ひきこもりの第一原因
2、子育ての影響
3、ひきこもりの4つのタイプ
4、解決を妨げる壁の存在
5、ひきこもり解決の前に
6、解決の方法(解決のスイッチの押し方)

について説明して行きます。

次ページに進む→
(1、ひきこもりの第一原因)





*一度社会に出てから、職場や、取引先などとの関係に  よる引きこもり(大人の引きこもり)
*発達障害、うつ病、などの精神障害によるひきこもり症状は、医師の診察が必要です。このキットでは解決できません。

また
*事件に巻き込まれた
*肉親の死など強烈な外的精神ショック
*暴力を伴う強烈ないじめ
(いじめの範囲を超えるような暴力事件)

などによる引きこもりは,ひきこもり相談ではなく
心療内科又は心理カウンセラーに御相談下さい。
的確な答えが得られます。


次ページに進む→



このキットを使った、ニート的ひきこもりの解決例

ナビゲーション

ショップ情報

人を明るくする会社 
有限会社 ウィルカンパニー

〒819-0168
福岡市西区福重5丁目3−5
お問い合わせは、
メールでお願いします。



メールは
こちらから

e-shops買い物カゴ